意味がわかると怖い話 コピペ 解説

お詫び

再三ご指摘いただいたように、一部の記事でコピペを完全に行っておりませんでした。
あまりに分かり易すぎると考え意図的に原文の一部を載せなかったのですが、不適切だったと反省しております。
ご指摘をいただいた二つの記事につきましては、全文載せたものへと訂正いたしました。
万が一他の記事で同じような不手際を発見された方は、お手数ですがこの記事へのコメントでお知らせいただければ幸いです。
以後このようなことがないよう十分注意いたします。今後ともどうかよろしくお願いいたします。
FC2 Management
  1. 2014/07/21(月) 23:42:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

赤い女

8階に住んでいる

仕事が忙しく帰りはいつも深夜だ
にわか雨が肩を濡らすが気持ちいいくらいに思っていた。
ただ、いつもは明るいはずのエレベーターホールがやけに暗く見えた。
暗いのもすぐに理由がわかった。
何本かの蛍光灯の1本が切れている
今に始まったことじゃない。ココの管理人は仕事が遅い

エレベーターが1階に着きドアが開いてギョッとした
中に人が居る・・・ドアに背を向けじっと立っている
赤いリボンと赤のワンピース女だ
乗り込むのを一瞬躊躇したが乗らないのも変なのでそっと入り込んだ
女に背を向けた状態で8階を押した。
ボタンがどれも押してないことに気が尽き失敗したとすぐに思った。
自分の住んでる階を押したくなかった

階上ランプを見つめながらエレベーターってこんなに遅かったかって考えていた
女は後ろを向いたままじっとして動かない
8階に着きエレベーターを降りたが女は変わらず後ろを向いている

部屋に着き少し落ち着きシャワーを浴びた
ビールを飲み二缶目を飲もうとして冷蔵庫が空なのに気づいた
近くにコンビニがある。サンダルを引っ掛けエレベーターを呼んだ
ドアが開くと女が乗っていた
さっきと同じ格好で背を向けじっと動かない

今度は乗れなかった



















↓解説
1階から乗ったときは照明が暗くて気づかなかったが8階から乗るときにロープが見えて女が首を吊って死んでいることに気づいた
  1. 2011/07/03(日) 21:41:07|
  2. ホラー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:26

優しいお姉ちゃん

私は13才の中学生
三つ上のお姉ちゃんとは部屋を共用していてとても仲良し
一つしかないベッドを私に譲ってくれるとても優しいお姉ちゃん
今日もいつものように寝る前に二人で仲良くトランプしたあと二人同時に就寝
私はベッド、お姉ちゃんは床にひいた布団
わたしは30分も経たないうちに眠りについた。

何時間経ったあとのことだったのだろうか
「ねぇ、起きて」 寝ぼけ半分で目をあけるとおねえちゃんが小声で囁いている。
どうやら寝付けないらしく、一緒に散歩に行かないかと言っている。
私は眠かったのもあり「一人で行ってきなよ」と冷たく押し返したが、
やけにしつこいお姉ちゃん。
終いには乗り気でない私に郷を煮やしたのか私の手を掴み靴も履かず外に引っ張り出された。
「イタイ!」
私の叫びも耳に入らないのか私の手を強く掴んだまま何も言わずただ引っ張る。
「ねぇ!どうしたの?!」
お姉ちゃんは黙っている。よく見ると手は小刻みに震えていた。
家からしばらく離れたところでお姉ちゃんも少し落ち着いてきたのか、掴んだ手が少し緩んだのを感じ
もう一度問いただしてみた。
「何があったの??」
お姉ちゃんは唇を震わせ言った
「やっぱりあんた気づいてなかったのね…」


















↓解説
私からは見えず、お姉ちゃんからは見える位置、つまりベッドの下に何かがいた…
  1. 2010/12/22(水) 15:13:16|
  2. ホラー
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:25

お星さま


少女のところにお星さまが降り立ちました。
「なんでも一つ願いをかなえてあげよう」
お星さまはいいました。
少女は泣いていました。
「家族を消してちょうだい!あんな家族、まっぴらよ!」
次の日、少女が目を覚まして一階へおりると、いつものようにおかあさんと
おとうさんとおにいちゃんがいました。
少女は後悔しました。
その夜、再びお星さまは少女の目の前にあらわれました。
「気に入ってもらえたかな」
少女はいいました。
「昨日のおねがいをとりけしてちょうだい」
お星さまはいいました。
「一度かなえたおねがいはとりけせないよ」
少女は泣きました。




















↓解説
一階にいたおかあさんたちとは血のつながってない義理の家族で本物の家族を消してしまった
次の日に義理の家族が消えていないことを知って後悔する
  1. 2010/12/22(水) 15:12:03|
  2. ホラー
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:11

右ヲ、ミロ!!!

公衆便所に入った。
和式だった。
和式は嫌いだ。
でも仕方ないのでしゃがんでみると、目の前に落書きがあって【右ヲ、ミロ!!!】と指示された。
なんだコレ?と思って右の壁を見ると【左ヲ、ミロ!!!】とあって、私はずいぶん命令口調だなぁ・・・・などと思いながらもその通りに左を見てやると今度は
【上ヲ、ミロ!!!】というのでおそるおそる天上を見るとそこには物凄く大きな赤い文字で
【ウシロヲミルナ!!!】と書かれてあってドキッ!としました。
怖かったのですが、ゆっくりとウシロに振り返ってみると・・・・・
特に何も書かれてなくて安心しました。
































↓解説
右を向いてから左を向いたら最初向いていた方向になるはず
なのに1回目は「右ヲ、ミロ!!!」だった落書きが「上ヲ、ミロ!!!」に変わっていた
  1. 2010/11/22(月) 18:01:31|
  2. ホラー
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:34
次のページ

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布

このブログをリンクに追加する

プロフィール

Author:genocides

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ホラー (65)
未分類 (1)

FC2拍手記事別ランキング

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR